フリーメールを徹底比較!おすすめ人気ランキング5選【セキュリティは安全?送付ファイル容量は?】

コミュニケーションツールとして欠かせないものであるメール。

メールアドレスは有料のものから無料のものまで様々ありまずが、利用しやすいのはフリーメールでしょう。

フリーメールは多くの種類があり、どれがよいのか迷うもの。

今回は、フリーメールの選び方やおすすめランキングを紹介します。

すぐにランキングを見る

フリーメールの選び方

はじめに、フリーメールの選び方について紹介します。

主に3つの視点から比較すると、違いが見えてくるでしょう。

①保存容量で選ぶ

フリーメールでは、保存容量がサービスごとに異なります。

そのため、自分に合う容量のものを選ぶとよいでしょう。

添付ファイルのやりとりが多い場合には、大容量のものがおすすめです。

②アドレスで選ぶ

フリーメールを選ぶ際には、アドレスも確認することがおすすめです。

@マークよりも後ろはサービス固有のものになるので、覚えやすさやシンプルさ、知名度などを確認して選ぶとよいでしょう。

③POPやIMAPへの対応で選ぶ

フリーメールをメールソフトやアプリで利用したい場合には、POPやIMAPへ対応しているかを確認するとよいでしょう。

対応していない場合にはウェブ上でしか利用できないことがあるので注意が必要です。

フリーメールのおすすめ人気ランキング【2020年】

今回は、フリーメールをおすすめ・人気順に5選紹介します。

2020年の最新情報で比較をしているので参考にしてください。

ランキングの後には、一覧で見られる比較表も用意しています。

→比較表を先に見たい方はこちら

【1位】Gmail

Googleのシンプルなフリーメール!返信候補も表示でスムーズなやりとりが可能

Gmailは、Googleの提供するフリーメールです。

特徴は、シンプルな受信ボックスです。

件名とともに添付ファイルも表示されるため、本文を開かなくてもファイルの確認が可能です。

また、メールの内容に合わせてAIが返信の定型文を表示してくれます。

他のGoogleサービスとの連携もとれるため、Googleをよく利用するユーザーにはおすすめです。

価格 無料
メール保存容量 15GB
(ドライブ・フォトと共有)
アドレス @gmail.com
POP・IMAP 両対応
アプリ
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【2位】Outlook

Microsoftのフリーメール!.jpを含むアドレスなど3種類から選べる

Outlookは、Microsoftが提供するフリーメールです。

Windowsユーザーの方は、Microsoftアカウントを作成時にアドレスがもらえているでしょう。

特徴としては、メールアドレスの豊富さです。

3種類の中から選ぶことができるので、@の前が重複していて登録できないという可能性が少なくなります。

またメール画面もシンプルで操作がしやすくなっています。

価格 無料
メール保存容量 15GB
アドレス @outlook.jp
@outlook.com
@hotmail.com
POP・IMAP 両対応
アプリ
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【3位】Yahoo!メール

2,300万人が利用のメールサービス。日本向けのサービスなのでサポートも充実

Yahoo!メールは、Yahoo!JAPANの提供するメールサービスです。

利用者が多いため、メールアドレスとしての知名度も高くなっています。

日本向けのサービスのためヘルプが見やすく、いざというときのサポートも充実。

そのため、メールに詳しくない方でも安心して利用することができます

価格 無料
メール保存容量 使用量に応じて2GB~10GBまで変動
アドレス @yahoo.co.jp
POP・IMAP 両対応
アプリ
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【4位】Tutanota

ドイツのフリーメール!セキュリティを大切にしたい方に

Tutanotaは、ドイツで開発されたフリーメールです。

特徴は個人情報に配慮されたサービスということ。

メールサービスでは、メール提供会社が本文を読み取ることが可能な場合も多く、個人情報を送るのが心配という方もおおいでしょう。

Tutanotaを使えば、ユーザー本人しかメールを見ることができないので安心です。

そのほかにも個人情報に配慮したサービスとなっているため、セキュリティが不安な方におすすめです。

価格 無料
メール保存容量 1GB
アドレス @tutanota.com
POP・IMAP
アプリ
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【5位】Aolメール

メール保存容量無制限!メールアドレスも短く覚えやすい

Aolメールは、アメリカのOath Inc.が提供するメールサービスです。

特徴は、メールの保存容量が無制限なこと。

そのため、大量のメールをやりとりしても安心です。

また、@の後もシンプルなため覚えやすいアドレスが作れるでしょう。

そして、.jpは日本向けのため、ユーザー数も世界規模のものより少なめ。

希望のメールアドレスがとりやすいでしょう。

価格 無料
メール保存容量 無制限
アドレス @aol.jp
POP・IMAP 両対応
アプリ
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

 

フリーメールの比較表

名称 Gmail Outlook Yahoo!メール Tutanota Aolメール
画像
特徴 Googleのシンプルなフリーメール!返信候補も表示でスムーズなやりとりが可能 Microsoftのフリーメール!.jpを含むアドレスなど3種類から選べる 2,300万人が利用のメールサービス。日本向けのサービスなのでサポートも充実 ドイツのフリーメール!セキュリティを大切にしたい方に メール保存容量無制限!メールアドレスも短く覚えやすい
価格 無料 無料 無料 無料 無料
メール保存容量 15GB
(ドライブ・フォトと共有)
15GB 使用量に応じて2GB~10GBまで変動 1GB 無制限
アドレス @gmail.com @outlook.jp
@outlook.com
@hotmail.com
@yahoo.co.jp @tutanota.com @aol.jp
POP・IMAP 両対応 両対応 両対応 両対応
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
公式リンク 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

フリーメールのQ&A

フリーメールに関するQ&Aをまとめました。

容量や安全性に関する疑問をまとめていますので、参考にしてください。

①保存容量の大きいフリーメールは?

一番容量が大きいのはAolメールです。

無制限に保存ができるので、受信ボックスが一杯になる心配がありません。

②添付ファイル容量の大きなフリーメールは?

Gmailがおすすめです。

添付ファイル上限は25MBとなっていますが、それより大きい場合にはGoogleドライブの共有URLを送信してくれます。

そのため、大容量のファイルもドライブ経由で送信可能となっています。

③フリーメールって安全なの?

Gmailを例に紹介します。

セキュリティソフトで有名なカスペルスキーのブログに、Gmailの安全性についての説明がありました。

簡単に言えば、Google は Gmail の情報を暗号化された形式で送信し、その鍵を持つのも復号できるのもユーザーだけ、ということです。
そのためほとんどの人は、安全なマシンで強力なパスワードを使用し、特に Google の 2 段階認証機能を有効にしていれば、Gmail を仕事で十分安全に使用できると言えます。

(引用元:Gmailを仕事で使っても大丈夫? | カスペルスキー公式ブログ

どのフリーメールサービスも、安全性についての情報を記載しているので、心配な場合は確認するとよいでしょう。

ほとんどのフリーメールサービスが、セキュリティ対策に力を入れていることがわかります。

もちろん、それはIDやパスワードの管理ができている前提です。

安全性を高めたい場合には、IDやパスワードの管理もしっかりと行うとよいでしょう。

④セキュリティを重視しているフリーメールは?

今回紹介した、Tutanotaは、セキュリティを重視しています。

IPアドレスを取得せず、メールの中身も本人しか見られないようになっているそうです。

⑤プロバイダーにもフリーメールはある?

プロバイダーによっては、無料で提供している場合もあるようです。

プロバイダーのサイトで確認するとよいでしょう。

フリーメールのまとめ

今回は、フリーメールについて紹介しました。

大容量のファイルをやりとりする場合でなければ、保存容量は気にしなくてもよい場合がほとんどでしょう。

その場合には、メールアドレスの好みやアプリの対応などで選ぶのもおすすめです。

覚えやすいアドレスのほうが、連絡先の交換もスムーズになるでしょう。

もう一度ランキングを見る