牛丼チェーン店を徹底比較!おすすめ人気ランキング5選【吉野家、すき屋、松屋、なか卯+α】

安くてお腹も満たせるご飯といえば牛丼。

忙しい時でもすぐに食べられるので、ビジネスパーソンの味方です。

また、休日に食べる方のいるでしょう。

全国各地にチェーン展開しているため、1回は食べたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな牛丼チェーンをランキング形式で紹介

5選紹介しているので、以外な牛丼が見つかるかもしれません。

すぐにランキングを見る

牛丼チェーン店の選び方

ここでは、牛丼の選び方について3点紹介します。

①価格で選ぶ

牛丼チェーンは、常に価格と品質の競争をしながら運営されています。

そのため、大きな価格差はありません。

しかし、たった10円の差だとしても、毎回食べていたら差が大きくなります。

そのため、価格も重視するとよいでしょう。

②トッピングの充実度で選ぶ

ちょっと豪華な牛丼を食べたいと思ったときや、栄養バランスを考えたいというときには、トッピングがあるとよいでしょう。

チーズを乗せたり卵を乗せたりなど追加トッピングができると、味の幅が広がります。

また、トッピングが乗っている牛丼がメニューとしてあると注文も楽でしょう。

③支払い方法で選ぶ

忙しい時に牛丼屋に寄ったときには、なるべく素早く会計も済ませたいもの。

現金以外の選択肢にも対応していると、素早く支払えて便利です。

電子マネー対応であれば小銭も出ないので、スムーズな会計が可能でしょう。

牛丼チェーン店のおすすめ人気ランキング【2020年】

今回は、牛丼のおすすめ人気ランキングを5選紹介していきます。

2020年現在の最新情報を取り入れているので、ぜひ参考にしてください。

ランキングの後には一覧表もありますので、比較して検討してみるとよいでしょう。

→比較表を先に見たい方はこちら

【1位】松屋

店内飲食なら味噌汁つきで満足!多様な支払い方法にも対応

松屋は、合成着色料や合成保存料、人工甘味料、化学調味料を使わない牛丼です。

プレミアム牛丼という名前のように安全に気を使った牛丼を提供しているといえるでしょう。

また、店内での飲食であれば味噌汁がついて満足感があります。

持ち帰りの場合にはご飯と牛のセパレートでおいしく食べることが可能。

多様な支払い方法にも対応していて便利な牛丼チェーンです。

価格(並) 380円
カロリー(並) 711kcal
サイズ展開 ミニ盛/並盛/あたま大盛/大盛/特盛
トッピング
支払い方法 現金/Suica等交通系電子マネー/PayPay/楽天Pay/LINE Pay/d払い/auPAY/ORIGAMIPAY/ゆうちょPay/メルペイ/ALIPAY/WeChat Pay
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

Uber Eats(ウーバーイーツ)経由での注文がお得!

Uber Eatsでの注文なら、始めて利用する方は、クーポンを入力で1,000円OFF!

クーポン番号

eats-kszd9r

\初めての方は1,000円OFF/

Uber Eatsで注文する

 

【2位】吉野家

他社比較でカロリー控えめ!大きさもバリエーション豊富で選びやすい

吉野家は、今回紹介する牛丼の中で唯一カロリーが700kcal未満です。

カロリーを気にしていて、できるだけカロリーの低い牛丼を食べたいというときに最適。

また、サイズ展開も小盛から超特盛まで幅広く、家族で食べにいっても楽しめる牛丼となっています。

チーズやネギ卵などのトッピングも豊富で、様々なバリエーションで楽しめる牛丼を食べたい方におすすめです。

価格(並) 380円
カロリー(並) 652kcal
サイズ展開 小盛/並盛/アタマの大盛/大盛/特盛/超特盛
トッピング
支払い方法 現金/吉野家プリカ/WAON/ORIGAMIPAY/楽天Edy/iD/nanaco/QUICPay/Suica等交通系電子マネー
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

Uber Eats(ウーバーイーツ)経由での注文がお得!

Uber Eatsでの注文なら、始めて利用する方は、クーポンを入力で1,000円OFF!

クーポン番号

eats-kszd9r

\初めての方は1,000円OFF/

Uber Eatsで注文する

 

【3位】すき家

ランキング最安値!トッピングの元祖で他店にない組み合わせも

すき家は、並盛が350円とランキング最安値です。

他のチェーンが380円の中、30円安い価格を実現しています。

しかし、安いからといって品質が劣るわけではありません。

通常の牛丼にこだわっているのはもちろん、トッピング牛丼の元祖ともいわれているキムチ牛丼をはじめ様々なトッピングがあるのが魅力。

変わり種の組み合わせを探したい方におすすめです。

価格(並) 350円
カロリー(並) 733 kcal
サイズ展開 ミニ/並盛/中盛/大盛/特盛/メガ
トッピング
支払い方法 CooCa/楽天Edy/ iD/ QUICPay/Suica等交通系電子マネー/クレジットカード/一部デビットカード/Alipay /WeChat Pay
評価 ★★★★☆

 

公式サイトを見る

Uber Eats(ウーバーイーツ)経由での注文がお得!

Uber Eatsでの注文なら、始めて利用する方は、クーポンを入力で1,000円OFF!

クーポン番号

eats-kszd9r

\初めての方は1,000円OFF/

Uber Eatsで注文する

 

【4位】なか卯

ネギと和牛脂を加えたタレでより深い味わいに!牛丼チェーンの味とひと味違うものを食べたい方へ

なか卯は、牛丼の中にネギが入っています。

そのため、他店の牛丼とは一味違う味わいを楽しめるでしょう。

また、タレにも和牛脂が加えられており深い味わいを実現しているようです。

そのため、普段の牛丼の味に飽きてしまった人はチャレンジするとよいでしょう。

価格(並) 380円
カロリー(並) 715Kcal
サイズ展開 ミニ/並/大盛
トッピング
支払い方法 現金
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

Uber Eats(ウーバーイーツ)経由での注文がお得!

Uber Eatsでの注文なら、始めて利用する方は、クーポンを入力で1,000円OFF!

クーポン番号

eats-kszd9r

\初めての方は1,000円OFF/

Uber Eatsで注文する

 

【5位】伝説のすた丼屋

ガッツリとした丼を食べたい方に!スタミナのつくすた丼が人気

伝説のすた丼屋は、様々な丼を提供するチェーンです。

東京の国立市が発祥で少しずつチェーン展開しています。

値段は他の牛丼チェーンよりも高価ですが、味付けがにんにくを効かせた濃厚な味となっており、食べるだけで元気がでます。

ガッツリとしたすた丼を食べれば、他の牛丼にはない満足感を得ることができるでしょう。

価格(並) 630円
カロリー(並) 不明
サイズ展開 ミニ/飯増し/肉増し/肉飯増し
トッピング
支払い方法 現金
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

Uber Eats(ウーバーイーツ)経由での注文がお得!

Uber Eatsでの注文なら、始めて利用する方は、クーポンを入力で1,000円OFF!

クーポン番号

eats-kszd9r

\初めての方は1,000円OFF/

Uber Eatsで注文する

 

牛丼チェーン店の比較表

名称 松屋 吉野家 すき家 なか卯 伝説のすた丼屋
画像
特徴 店内飲食なら味噌汁つきで満足!多様な支払い方法にも対応 他社比較でカロリー控えめ!大きさもバリエーション豊富で選びやすい ランキング最安値!トッピングの元祖で他店にない組み合わせも ネギと和牛脂を加えたタレでより深い味わいに!牛丼チェーンの味とひと味違うものを食べたい方へ ガッツリとした丼を食べたい方に!スタミナのつくすた丼が人気
価格(並) 380円 380円 350円 380円 630円
カロリー(並) 711kcal 652kcal 733 kcal 715Kcal 不明
サイズ展開 ミニ盛/並盛/あたま大盛/大盛/特盛 小盛/並盛/アタマの大盛/大盛/特盛/超特盛 ミニ/並盛/中盛/大盛/特盛/メガ ミニ/並/大盛 ミニ/飯増し/肉増し/肉飯増し
トッピング
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
公式リンク 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

情報更新日:2019/08/27

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

牛丼チェーン店のQ&A

ここでは、牛丼にまつわるQ&Aを紹介していきます。

①チェーン店の牛丼はどれ?

今回紹介した全ての牛丼はチェーン展開されています。

ただし、伝説のすた丼屋だけは関東中心の店舗展開となっているようです。

そのほかは全国各地に店舗があります。

②冷凍の牛丼って売ってる?

今回紹介した牛丼の中では、松屋吉野家すき家伝説のすた丼屋で冷凍食品が販売されています。

ネットやスーパーなどで購入可能なので、詳しくは各社のサイトをチェックしてください。

③牛丼のカロリーってどれくらい?

一覧表で各社のカロリーが比較できます。

表をみていただくとわかる通り、おおよそ700キロカロリー前後となっています。

④牛丼の売上順ってどうなってるの?

松屋、吉野家、すき家・なか卯を対象に調査している記事がありましたので、紹介します。

1位がすき家・なか卯、2位が吉野家。そして3位が松屋のようです。

(参考:各社の店舗展開戦略が見えてくる…牛丼御三家の店舗数推移(最新) – ガベージニュース

ただし、これは各グループの総売上なので、ゼンショーグループであるすき家となか卯は合計された売上になっている点に注意が必要です。

⑤最新価格で一番安いのはどこ?

一覧表作成時(2019/08/27)では、すき家が最安となっています。

牛丼チェーン店のまとめ

今回は、牛丼について紹介しました。

今回紹介した牛丼は、全国チェーンのものが多いため近くにあるというものも多いと思います。

ぜひお店にいって味を確かめてきてください

牛丼選びの参考としてこの記事を活用いただけると幸いです。

もう一度ランキングを見る