ウェブブラウザを徹底比較!おすすめ人気ランキング5選【iPhone・Android】

ウェブブラウザはどんなものを活用していますか?

OSに標準でついているものをそのまま利用している人もいれば、他のウェブブラウザを利用している方もいるでしょう。

この記事をご覧になっているということは、今利用しているウェブブラウザからの乗り換えを検討している場合が多いと思います。

この記事では、ウェブブラウザの特徴を踏まえつつランキングで紹介していきます。

日々利用するブラウザ選びの参考にしていただけたら幸いです。

すぐにランキングを見る

ウェブブラウザの選び方

はじめに、ウェブブラウザの選び方について紹介します。

①体感速度で選ぶ

ウェブブラウザは、日々進化を続けて高速で動くようにアップデートされ続けています。

速度が向上していくのと体感速度は必ずしも一致しません。

そのため、実際に利用してみて速度が速いと思ったものを選ぶとよいでしょう。

もちろん数値も大切ですが、実際に利用した体感で判断するのがおすすめです。

②拡張機能の有無で選ぶ

ブラウザには、拡張機能をインストールできるものも存在します。

その場合には、広告ブロックアプリやパスワード管理アプリなどをインストールでき、より快適にインターネットを利用できるでしょう。

機能を充実させたい場合には拡張機能に対応しているウェブブラウザを選ぶとよいでしょう。

③データセーバー(削減機能)で選ぶ

スマホ利用の場合には、データセーバー機能のついたウェブブラウザがおすすめです。

容量の削減になるのはもちろん、容量が小さくなる分表示も速くなります。

そのため、スマホでのブラウジングがより快適になるでしょう。

ウェブブラウザのおすすめ人気ランキング【2020年】

今回は、2020年のウェブブラウザのおすすめ人気ランキングを紹介します。

ランキングの後には描くウェブブラウザを比較してみられる表も掲載。

各ブラウザの特徴をつかみながら検討することができます。

→比較表を先に見たい方はこちら

【1位】Google Chrome

Google提供のウェブブラウザ!高速でGoogleサービスとの相性良し

Google Chromeは、Googleの提供するウェブブラウザです。

表示速度も高速で、GメールやドキュメントなどGoogleサービスとの相性が良いのが特徴。

また、テーマ変更も可能で拡張機能のラインナップも多くあります。

そのため、カスタマイズをして使いたい方の需要にも応えています

一部の広告をブロックする機能を標準で搭載している点も注目です。

料金 無料
対応OS iOS,Android,Windows,Mac
広告ブロック
一部ブロック
テーマ変更
拡張機能
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【2位】Safari

iPhoneとMacの標準ブラウザ!シンプルな見た目とセキュリティへ配慮が売り

Safariは、Appleの提供するウェブブラウザです。

一時期はWindowsにも対応していましたが、現在はApple製品のみの対応となっています。

Safariの特徴は、セキュリティへの配慮がなされていること。

追跡機能による広告をブロックしてくれたり、デバイス特性を入手されないようなシステムが備わっています。

ウェブで閲覧した情報は個人情報で、様々な会社に利用されています。

それを少しでも防ぎたい方はSafariがおすすめです。

料金 無料
対応OS iOS,Mac
広告ブロック
テーマ変更
拡張機能
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【3位】Opera

広告ブロック標準装備!不快な広告から解放されたい方に

Operaは、Opera社の提供するウェブブラウザです。

特徴は、広告ブロックを標準装備していること。

簡単に広告をブロックしてくれるので、サイトの閲覧がより快適になるでしょう。

Operaによれば、広告ブロックにより閲覧速度の向上を実現しているようです。

そのため、広告を削減しつつ高速にサイトを見たい方におすすめです。

料金 無料
対応OS iOS,Android,Windows,Mac
広告ブロック
テーマ変更
拡張機能
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【4位】Firefox

非営利団体ならではの独自性!個人情報を営利目的で使用されたくない方に

Firefoxは、Mozillaの提供するウェブブラウザです。

特徴は、非営利団体が制作しているウェブブラウザであること。

他のブラウザの多くは営利団体が作成しているため、利益が優先なつくりとなっている場合があります。

しかし、Mozillaでは利用者を中心としたブラウザ作りを心がけています。

そのため、ブラウジングによる情報の営利目的に利用されることはありません

料金 無料
対応OS iOS,Android,Windows,Mac
広告ブロック
テーマ変更
拡張機能
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【5位】Microsoft Edge

Windows標準装備のブラウザ!読書ビューや広告を排除した印刷で見やすくできる

Microsoft Edgeは、Microsoftの提供するウェブブラウザ。

そのため、Windowsを利用中の方はインストールの手間がないのがメリットです。

また、読書ビューを利用すると、読みやすい状態でサイトを閲覧することができます

そして、印刷も広告を排除した形で行うことが可能

閲覧しやすい環境に整えてくれるブラウザといえるでしょう。

料金 無料
対応OS iOS,Android,Windows
広告ブロック
テーマ変更
拡張機能
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

 

ウェブブラウザの比較表

名称 Google Chrome Safari Opera Firefox Microsoft Edge
画像
特徴 Google提供のウェブブラウザ!高速でGoogleサービスとの相性良し iPhoneとMacの標準ブラウザ!シンプルな見た目とセキュリティへ配慮が売り 広告ブロック標準装備!不快な広告から解放されたい方に 非営利団体ならではの独自性!個人情報を営利目的で使用されたくない方に Windows標準装備のブラウザ!読書ビューや広告を排除した印刷で見やすくできる
料金 無料 無料 無料 無料 無料
対応OS iOS,Android,
Windows,Mac
iOS,Mac iOS,Android,
Windows,Mac
iOS,Android,
Windows,Mac
iOS,Android,
Windows
広告ブロック
一部ブロック
テーマ変更
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
公式リンク 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

ウェブブラウザのQ&A

ここでは、ウェブブラウザについてのQ&Aを紹介していきます。

①iPhoneに対応しているウェブブラウザは?

今回紹介した全てのブラウザが対応しています。

標準で搭載されているSafari以外にも利用の幅が広いといえます。

②Macに対応しているウェブブラウザは?

標準搭載されているSafariを除くとGoogle ChromeOperaFirefoxが対応しています。

どのブラウザもSafariとは違う個性があるので検討してみるとよいでしょう。

③セキュリティを大切にしているウェブブラウザは?

SafariFirefoxはセキュリティ性が高いといえるでしょう。

個人情報を大切にしながらセキュリティ性を高めているため、安心して利用することができます。

それぞれ制作元が営利団体と非営利団体と違いがあるので、機能にも違いがあります。

④Androidでおすすめのウェブブラウザは?

Google Chromeがおすすめです。

Googleサービスとの親和性が高いため、快適に利用できるでしょう。

⑤スマホに標準で入っているブラウザはなに?

Androidの場合は、標準で入っているブラウザは端末により異なります

Google Chromeが標準搭載の場合とそうでない場合があるようです。

iPhoneの場合には、Safariが標準搭載されています。

ウェブブラウザのまとめ

今回は、ウェブブラウザについてランキング形式で紹介しました。

どのブラウザも個性があるため、自分の利用スタイルに応じて選ぶとよいでしょう。

Googleサービスを使うときにはGoogle Chrome、普段使いはOperaなどと使い分けするのもおすすめです。

この記事がウェブブラウザ選びの参考となれば幸いです。

もう一度ランキングを見る