ファイル転送サービスを徹底比較!おすすめ人気ランキング5選【有料の法人向けビスネス用も有り】

メールに添付できない大容量ファイルを送りたい時に便利な、ファイル転送サービス

いざ使おうと思ったときに、どのサービスが良いのだろうと悩むことも多いのではないでしょうか。

今回は、ファイル転送サービスを5つ厳選して紹介。

ランキング形式で紹介する中で、あなたにピッタリのサービスを見つけることができるでしょう。

すぐにランキングを見る

ファイル転送サービスの選び方

はじめに、ファイル転送サービスの選び方について簡単に紹介します。

これらを基準に考えると、サービスの比較がしやすいでしょう。

①容量で選ぶ

まずは、容量で選ぶという方法があります。

ファイル転送サービスを利用するときは大容量のファイルをやりとりすることが多いでしょう。

サービスによっては、容量の少ないものもあるので注意が必要です。

容量が大きい場合には、容量無制限のサービスを利用するとよいでしょう。

②保存期間で選ぶ

ファイル転送サービスによって保存期間も様々。

あらかじめ、ファイルのアップロードからダウンロードまで何日必要かを確かめておくとよいでしょう。

その上で利用するサービスを選ぶと、保存期間が足りないというトラブルを防ぐことができます。

③登録の有無で選ぶ

ファイル転送サービスは、一度きりの利用も多いもの。

頻繁に利用しない場合には登録せずに使えると楽です。

ファイル転送サービスの中には登録不要のものも多いので、登録の有無で選んでもよいでしょう。

ファイル転送サービスのおすすめ人気ランキング【2020年】

ここでは、2020年現在のファイル転送サービスのおすすめ人気ランキングを紹介。

全部で5選あるので、お気に入りのサービスを見つけてみてください。

また、ランキングの後には一覧表もあるので確認してみてください。

→比較表を先に見たい方はこちら

【1位】Bitsend

保存容量も無制限で保存期間が2週間!登録も不要で気軽に利用できる

Bitsendは、今回紹介するオンラインストレージの中で、充実度が高いものとなっています。

保存容量や同時アップロード数も無制限。

そして保存期間も長く、パスワード保護の設定も可能。

登録が不要なので、利用までのハードルの低さもポイントです。

サーバーは国内にあり、セキュリティにも気を配っています。

価格 無料
1ファイルあたりの容量 無制限
全体の容量 無制限
保存期間 最大14日
法人向けプラン
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【2位】firestorage

有料プランも充実!法人向けでは専用回線で高速利用が可能

firestorageは、会員プランが充実しているサイトです。

個人向けには3コース、それに加えて法人コースがあります。

時におすすめなのは法人コース。

セキュリティ対策も法人コースは個人向けよりも強固。

そして、専用回線を利用するので速度も速いのが特徴。

個人での利用も、規約を読みチェックを入れてファイルをドロップするだけとシンプルです。

価格 無料~
1ファイルあたりの容量 2GiB~
全体の容量 無制限
保存期間 最大14日
法人向けプラン
評価 ★★★★★

公式サイトを見る

【3位】tenpu

ハイセンスなデザインのサイト!有料プランでは背景画像も変更可能!

tenpuは、非常にデザイン性の高いオンラインストレージです。

トップページにアクセスすると、他サービスとは一線を画すデザイン

利用するのが楽しくなるサイトとなっています。

有料プランでは、背景画像も変更可能なので、クリエイティブな利用をしたい方におすすめです。

価格 無料~
1ファイルあたりの容量 2GB
全体の容量 2GB(無料)
20GB(有料)
保存期間 7日(無料)
無制限(有料)
法人向けプラン
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【4位】データ便

月間300万人が利用するサービス!10年以上運営しているため老舗の安心感有り

データ便は、2004年から運営されている老舗のサービス。

今では月間300万人が利用する大きなサービスとなっています。

みんなが使っているという安心があるのがポイント。

また、プランも複数あるため、自分にあったものを選びやすくなっています。

実績で選ぶならコチラのサービスがおすすめです。

価格 無料~
1ファイルあたりの容量 500MB~
(プランによる)
全体の容量 500MB~
保存期間 3日~
法人向けプラン
評価 ★★★★☆

公式サイトを見る

【5位】おくりん坊

ンプルな操作でわかりやすいサービス!小容量のファイルを手軽に送りたい方に

おくりん坊は、簡単にファイルのやりとりができるサイト。

細かな設定が必要ない方や、容量が少なめのファイルを送りたい方に最適です。

登録なしでは500MBまで、登録すると2GBまでファイルを送ることが出来ます。

個人の用途での利用であれば、この容量で充分という方も多いでしょう。

会員登録を含め、すべての機能を無料で使うことができます。

価格 無料
1ファイルあたりの容量 500MB(登録なし)
2GB(登録あり)
全体の容量 500MB(登録なし)2GB(登録あり)
保存期間 最大7日
法人向けプラン
評価 ★★★☆☆

公式サイトを見る

 

ファイル転送サービスの比較表

名称 BitSend firestorage tenpu データ便 おくりん坊
画像
特徴 保存容量も無制限で保存期間が2週間!登録も不要で気軽に利用できる 有料プランも充実!法人向けでは専用回線で高速利用が可能 ハイセンスなデザインのサイト!有料プランでは背景画像も変更可能! 月間300万人が利用するサービス!10年以上運営しているため老舗の安心感有り シンプルな操作でわかりやすいサービス!小容量のファイルを手軽に送りたい方に
価格 無料 無料~ 無料~ 無料~ 無料
 1ファイルあたりの容量 無制限 2GiB~ 2GB 500MB~
(プランによる)
500MB(登録なし)
2GB(登録あり)
 全体の容量 無制限 無制限 2GB(無料)
20GB(有料)
500MB~ 500MB(登録なし)2GB(登録あり)
 保存期間 最大14日 最大7日 7日(無料)
無制限(有料)
3日~ 最大7日
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
公式リンク 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

※情報更新日:2019/08/11

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

ファイル転送サービスのQ&A

ここでは、ファイル転送サービスのQ&Aを紹介。

不安を解消してからサービスが利用できるよう、よくある質問をまとめました。

①法人やビジネス向けにおすすめなのは?

tenpuがおすすめです。

法人向けのプランではアカウントを社員数分発行できたり、安全性の高いサービスが提供されているのがポイント。

耐久性が99.999999999%のストレージに保存されるため、トラブルの可能性も低く安心です。

②ビジネスで利用する際の安全性は?

どの会社dめおセキュリティには力を入れています。

ただしビジネス利用となると不安という方もいるでしょう。

そんな時には法人プランを提供しているサービスを選ぶのがおすすめです。

法人向けの安全性の高いサービスを提供しているでしょう。

③無料だとセキュリティが心配です。

どのサービスでもセキュリティに力をいれているようです。

たとえば、BitSendでは以下のように説明されています。

全てのデーターは、暗号化アルゴリズムの中でも最も強固なものの一つであるAES-256を用いて暗号化された上でサーバーに保存されています。
また、サーバーは日本国内の大手データセンターに設置されており、高度なセキュリティによって保護されています。
全てのデーターは最低3台以上のハードディスクドライブに複製して保存され、ハードウェア障害から保護されています。
ダウンロードURLを33桁の英数字で暗号化しておりますので、アップロードされた方が他の方にURLをお知らせしない限り、URLを知られる事はありません。

(引用元:BitSend – 無料で容量無制限のファイル転送サービス – 高速、シンプル、セキュア

この文章からもわかるように、安全性には気を配っていることがわかります。

URLも33桁と安全性の高めなものを使用しているため、他者がファイルをダウンロードしにくいように配慮されているようです。

④無料で安全に利用できるファイル転送サービスは?

どのサービスも安全に利用することができるでしょう。

しかし、セキュリティ対策に100%確実なものはありません

そのため、利用者側も注意を払って利用するとよいでしょう。

⑤無料プランを法人が利用してもいいの?

BitSendでは、法人の利用を歓迎することが記載されていました。

その他のサイトも法人利用をNGとしているところはありません

しかし、今後規約が変わる可能性もあるので、各サイトで最新情報を調べることをおすすめします。

ファイル転送サービスのまとめ

今回は、ファイル転送サービスのおすすめ比較人気ランキングを紹介しました。

ファイル転送サービスは共通して、著作権を侵害するものをアップロードすることは禁止しています。

ファイルのアップロード前には、ファイルの著作権をよく確認してからアップロードしましょう。

サービスを選ぶ際には、この記事を参考にしていただけると幸いです。

もう一度ランキングを見る